スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

藤宮十貴子は懐かない2

1×10  藤宮十貴子は懐かない2 (富士見ファンタジア文庫)1×10 藤宮十貴子は懐かない2 (富士見ファンタジア文庫)
(2010/01/20)
鈴木 大輔

商品詳細を見る



連投連投~
藤宮十貴子は懐かないの2巻ですね。

今回のまとめは…

「新たな目標」と「勘違い」でしょうか?
意味としてはつながっているようでもそこには大きな溝があるわけで…

前巻の続きになりますが。

天馬は十貴子の対応がなんか変なことに気がついた。いつもの対応の中に優しさが感じられるようになったからだった。なぜそうなったかそれを探るとともに天馬にはある目標ができた。それを知られたくない天馬は離れてくれるように嫌いになってもらおうと色々な行動をするのだが…


嫌いになってもらおう。とする過程がひどすぎるwww読んでて何度も本閉じたわ(恥ずかしくてw)w天馬の考えはわからんでもないけれどもw

過去の話があった前回を呼んでいると十貴子のうれしさ、歯がゆさなどもわかってきてだんだん十貴子にハッピーエンドを迎えてほしい。そう思えます。



一度は諦めた目標、それを消して新しい目標を手に入れたひとはどこまで頑張れるのか。それもこれを読むうえで考えさせられる1面です。






素の十貴子の可愛さは異常。このラノベは天馬と十貴子の話はメインで書かれている分話に没頭できるので読みやすいです。

この2巻最後にかなり気になる下りがあります。やっぱ最後だし書き出すのはやめときますけど。(3巻のときには書くかも)


私としては作者の前作「ご愁傷様二ノ宮くん」より続きが気になっています。次の巻も期待。で




スポンサーサイト

神のまにまに!3

神のまにまに!〈3〉―真曜お嬢様と神芝居 (電撃文庫)神のまにまに!〈3〉―真曜お嬢様と神芝居 (電撃文庫)
(2010/02/10)
山口 幸三郎

商品詳細を見る






神のまにまに!の3巻ですね。

今回は…ヘッポコ着替えます!服は今まで着物一着だったのに…

今回はまとめると

「存在価値」と「一途な想い」でしょうか?
まとめてしまうと結構違う意味ですがスポットが当たってる複数のキャラもまとめてあるので。


いつも通り神様を現界させていた人永とヘッポコ。そんないつも通りの日常?もまた忙しくなりました。それというのも現界している神様をさらっている人がいるようで…

神さらい。それを阻止しようとする人永だったが。あっさり負け逆にヘッポコを連れ去られることに…取り戻すためある場所へ単独潜入する人永。ヘッポコを見つけたがそこにいたのは真曜。とりあえず逃げ口を探すための嘘が人永をそのままその場所へとどまらせることに…

この回は人永の人の良さが見える回となっていて真曜との壁を取り除いていく過程が中盤、描かれています。その過程に影を落とすのは中盤最後。

暗い過去。なんか皆さんもあると思いますが、この回はそれがこの物語のキャラとして描かれています。その傷を乗り越えるのもこの回です。

そしてクライマックスにはホロリ…とすることも…涙もろいのかな…自分




今回、ツンデレ分が増えます。まぁ表紙の娘なんですけど。

最後に…
ちっさいヘッポコ自分のところにもいたらなー…なんてねw





これ書いてる間3回ぐらいブラウザエラーで書いてる部分が吹っ飛んだ…何度も書くと忘れた部分なんかあって同じようには書けないです…





ごくペン!

ごくペン!〈2〉 (MF文庫J)ごくペン!〈2〉 (MF文庫J)
(2010/01/31)
三原 みつき

商品詳細を見る



タイトルでも書いたごくペン!の2巻ですね。

前回の1巻も書いたのですが読み終える順番が新人大賞<続編シリーズなので2巻を…


正直一言…

続くとは思わなかった!…orz作者様すみません…


今回をまとめてみると。

「過去を乗り越える」と「未来の目標」でしょうか?


そして前回読んだ人はわかるでしょうが挿絵などが全くない人がいました。今回はその人の絵がちゃんとあります。ふむ…こういうキャラだったのか…

そのキャラは今回色々な場所で出ます。ひねくれてるけどとてもいい子



今回の話はまた色々新しい人を投入されていて…

メイド、家政婦、教師の3名です。この3名が今回学園を騒がせます。

正直者の凛子のある行動が親を心配させます。

よんでてツッコミどころが多くて笑ったwそりゃ親も心配するわなw(よく考えたら問題もあるけど、なぜ知ってるし。とか)

この親すごい過保護で(娘を持つ親ってこういうものなの?)男友達連れてきたことで烈火のごとく怒ります。(表現には笑わせてもらいましたw)

主人公の家の人も結構過保護っぽくて学校の友達?が家にきたことも原因で今回の騒動が幕を開けます。

そして新事実。主人公の家には○○○さんがいた!…かわいいっす。


今回は鈴音さんにスポットが当たっています。クライマックスにはホロリ…あ~ゆうノリは自分にとっては卑怯です。絶対クルもん…








最後まで読みましょう。癒されます(ニヤニヤともいう)。……キモイ…主に自分がキモイ…







育成日記読み終えました

さて・・・また一週間放置しそうでした。まぁギリギリかな?

本日は前回買ったリストに入っていた。



小春原日和の育成日記 (電撃文庫)小春原日和の育成日記 (電撃文庫)
(2009/10/10)
五十嵐 雄策

商品詳細を見る






をさっき読み終えました。
やはり五十嵐さんの作品ですね。乃木坂春香と同じようにメインヒロインが可愛い!
まぁまだあまりキャラが出てきていない状況なので…(一応いますよ?出演回数が少ないだけで…)


小春原さんは空気的な存在で、学校でいても全く気付かれない。そんな娘です。
…自分の中で




がんばれ!消えるな!!色素薄子さん 1 (IDコミックス REXコミックス)がんばれ!消えるな!!色素薄子さん 1 (IDコミックス REXコミックス)
(2009/07/09)
水月 とーこ

商品詳細を見る




↑が出てきました。


ヒロインの設定が同じく空気的な存在で、こっちのほうはバスに乗ってて自分の上に人が座ろうとする。や楽器も音が薄い。料理も味が薄い。などなにやら色々小春原さんよりひどい状況です。けどとても可愛いのでいちどは読むべき!この本は新しいジャンルだと思う。(属性的な意味で)

…ふと思ったのですが、西又さんがキャラを書いたラノベってあるんですかね?自分はちょっと見たことないなぁ~

育成日記のほうに戻ります。

全体的には主人公とヒロインの感情は乃木坂春香のほうの主人公、ヒロインとなんか似ていてこの人の作品なんだなぁ~と思わせる感じがしました。今回の巻は下造りの巻でもありまだ他のサブヒロインなどはあまり動いていませんでしたので、次の巻からは動く+新キャラ登場などあるのかなぁ~と期待しています。あとは、乃木坂でもあった五十嵐さんのほかの作品との接点がどうなるのかがちょっと気になります。(はにトラが少し出てますよね?乃木坂)どんな形であれほかの作品との接点というのは、読んでて発見するときの楽しみがある。と自分は思っているのですが…どうでしょう?wあと…なんでしょう…五十嵐さんの作品はところどころ「ひらがな」で書かれている場所がありますよね?この作者の味を出しててとても好きですね。

以上です。

そういえば今日、CRのナデシコ打ってきました。2万ぐらい+かな?朝一のやつだし、まぁ他の人たちより連チャンしてましたけど。5千円ぐらい入れたら確変BIG当選して次ノーマルBIG→時短時にゲキガンガーモード突入→ノーマルBIG→時短終了→グラビティブラストリーチ→ノーマルBIG当選→時短時ゲキガンガー・ノーマルBIG→終了100回転以内数字ずれ→桜枠登場→確変BIG→・・・・・・・って感じかな?

まぁありきたりなビギナーズラックですね。ナデシコ打つのは初めてだったのでやめ時がわからなかった…けど少しわかった。最後にあった、なぜなにナデシコ→リーチ(ルリチャンス発言(赤))→グラビティブラスト→はずれ

というのがあったんですが…グラビティブラストは結構熱いリーチと書いてあったんでこれ外したらやめどきなんだろうなぁ~そのあと特に熱いリーチもなかったんで帰ってきましたけど。

あとゲキガンガーが3回ぐらい発生したのですが…こっち敵(ノーマル?)ばっかで確変しなかった…見てみたかったが・・・

3つのBIG中のムービーは全部見たのかな?ゲキガンガー含めて3つ見たけど…(YOU GET TO BURNING・私らしく・あとゲキ(ry)OPの曲懐かしかった。
まぁ音楽を聴いたことがあるだけでアニメのほうは見たことはないんですが・・・(最近少し友達の家で見たぐらい)
だって実家放送されてないんですもの…アニメなんかはほとんどやってなかったよ。原作漫画を古本屋で少し見るぐらい。(機体なんかはよく見たり調べたりなんかしたけど…)

こっち来てよかったなぁ~と思う瞬間だったよ?最初。テレビ見て「アニメ多っ!」って思ったしwww


まぁ長々となってしまいましたが以上です。ではまた~
…ラノベの話よりほかの話が長かったような?






新作ラノベ

先週東京で遊びまくってきました。とても疲れました…というわけで東京のことを書こうかとも思ったのですが、写真(携帯ですが…)が買ってきたものやもらったものなどの写真はまだ撮ってないので今回はオススメラノベを書くことにしました。





今回のやつは

1×10  藤宮十貴子は懐かない (富士見ファンタジア文庫)1×10 藤宮十貴子は懐かない (富士見ファンタジア文庫)
(2009/09/19)
鈴木 大輔

商品詳細を見る










藤宮十貴子は懐かない です。アキバで買ってきましたww他にやることもあったんだろうけどグッズ集めで歩いていたので…電化製品はフラッシュメモリとマイクロSDしか買ってません!w

半端なく安かった。フラッシュ1GB200円とマイクロ2GBが600円…こんな場所が自分家のちかくにあったらなぁ~とか本気で思いましたよwグッズもやっぱアキバ、量が半端ないww買いまくったよw。まぁその中でゲマで買った小説の中の一つです。


話は時々よくある主人公が死ぬ=ヒロインが生き返らせる=恋愛発展?ですね。(ヒロインが生き返らせるは新しいのかな?どこかで聞いたような・・・?)


ほぼツンのヒロインと、やる気ゼロの主人公、どこか似ている2人が織りなす話ってところかな? 
ご愁傷様二ノ宮くんの作者鈴木 大輔さんの新作となっており注目度も自分的には高かった本ですね。(二ノ宮くんはご愁傷様よりおあいにくさまのほうが面白かったと思うのは自分だけかな?おあいにくさまのほうがギャク要素高かったのでw)
途中まで読んでて気づいたのは、主人公の昔の回想がちょくちょく入っているのが気になりました。
やっぱり最近は恋愛にもバトルがは入るのが普通なんでしょうかね?この作品の作中にも少しですがありました。
もしヒロインのツンばっかのヒロインのデレが見たいという人は買い続けるのも吉じゃないですか?

これからどんなキャラが増えていくんだろうなぁ~とか思いつつ…どんなキャラか楽しみです。

ではまた~ノシ


ーーーーーーーーーー
↑は書くの2回目…保存しようとしたらネットワークエラー…戻ったら半分ぐらい消えてた…orz
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。